学生から株投資を始める

学生からでも株投資は可能です。学生は投資にかける時間があるので早くスタートすれば有利です。また就職をする時の自己PRにもなるのでおすすめです。学生の方も投資を始めましょう。

NISAは限界があるが武田薬品にも枠内で投資可能

株式投資で得た利益に税金が掛からず非課税で済むというのが少額投資非課税制度NISAです。現在は年間の投資額が120万円となっていまして、いろいろな株を次々と買っていくには限界がありますが、しかし例えば定年退職後に新しく株を始めたという人はこれからの定期的な所得は年金だけになりますから、たくさんは投資に回せません。NISAのように投資できる金額に限界があることはむしろメリットと考えることもできます。NISAはどれだけ配当金が高くなり利益が上がっても税金が掛からないですから、つまり配当が多い企業に投資するに越したことはありませんが、その代表と言えますのが武田薬品です。武田薬品は配当性向が162%ですし配当利回りも年2回で3.82%という高い数字です。問題はそもそも武田薬品のような企業の株をNISAの限度枠で買えるのかということですが、現在のところ範囲内で購入することができます。定年後にNISAで株を始めた人は世代的に血圧にも関心があるでしょうが、武田薬品の最近の製品の中で注目されています一つが高血圧を防ぐ薬で、これは血管を収縮して血圧を上げる成分を阻害する力があるものです。そしてもう一つが潰瘍性大腸炎の薬でこちらはすでに収益が3倍に上がっていまして、この両薬とも今後さらに商圏が拡大すると考えられています。また最近は定年世代の人が熱中症になる事故も多発していますが、武田薬品では口から飲む浸透性の補水液も新しく誕生しました。高性能の薬品から健康対策まで広い範囲で新製品が開発されています武田薬品は今後も株価の上昇が考えられます。海外では低所得者に抗がん剤が行き渡るように低価格製品にも参入する予定でして、武田薬品の行動は世界中で期待されています。